海外視察2日目|ポラス【POLUS・中央住宅】マインドスクェアの新築一戸建て・分譲住宅

ポラスグループ 東京・千葉・埼玉の分譲住宅、新築一戸建てならマインドスクエア
ホーム 検索 今週の現場見学会 家づくり 会社案内 オーナーズサポート
ポラスの新築一戸建て・分譲住宅(HOME)>家つくり海外視察(2日目)
ホーム 海外視察記 2007年フランス視察・2日目
2007-フランス 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目
フランス視察記
コルマールを出発して、アルザスのワイン街道沿いの村々を巡ります。丘陵地にブドウ畑が広がり、その中に点在する村々は絵画のようです。アルザス地方の村々は、茶色いハーフティンバーとパステルカラーの漆喰で構成された家並みが、石畳の街路沿いに続きます。鋳物の看板やプランターの緑が、街並みの美しさをさらに引き立たせます。近くのボージュ山脈の赤い砂岩を使っている為、屋根や石畳の色が印象的でした。
エギスハイムは、伝統的な民家が中心を囲んで円を描くように建てられていて、城壁の様な家並みが特徴的。
エギスハイムでワイナリーを営むガッシーさんを訪ねました。歴史あるハーフティンバーのワイナリーの中には、最新設備と古い熟成樽が同居しています。誘いを受けて住まいの中へ。天井に現された木製梁やアンティーク調の家具が素敵です。
川辺の緑が家並みに映える、カイゼスベルグの街並み。
「アルザスの真珠」と称えられるリックビールは、村の周囲を城壁が囲んでいます。
アイアンの看板が村を彩ります。
全体がアンティークでできているような、中世の街並みが残るアルザスの村々。日本ではなかなか見られない、異国情緒をたくさん見つけました。中世特有の曲線を持つ、アイアン(鉄)の看板もその一つ。お店の軒先を演出するだけでなく、街並みのアクセントとなっていました。
住まい情報発信企業ポーラスグループ 株式会社中央住宅 マインドスクェア事業部
東京・埼玉・千葉の新築一戸建て
|HOME物件検索今週の現場見学会家づくり会社案内オーナーズサポート
入居者様訪問マインドブログモバイルサイトマインドスクェア友の会エリア情報
サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ
新築一戸建てのポラス【POLUS・中央住宅】マインドスクェア
Copyright 2020 Polus Group All Rights Reserved.
ページトップへ