ポラス【POLUS・中央住宅】マインドスクェア 新築一戸建て情報

ポラスグループ 東京・千葉・埼玉の分譲住宅、新築一戸建てならマインドスクエア
ホーム 検索 今週の現場見学会 家づくり 会社案内 オーナーズサポート
  1. ポラスの新築一戸建て・分譲住宅(HOME)>
  2. 物件探しのお役立ちコラム>
  3. 生活が豊かになる暮らしのワンポイント>
  4. 覚えておきたい!失敗しない家具選びのコツ

・覚えておきたい!失敗しない家具選びのコツ

念願のマイホームを手に入れたら、次は家具選び。実は家具選びは、マイホームを決めるのと同じくらい大切なことなのです。選び方を間違えてしまうと、部屋が狭く感じられてしまったり、統一感のないコーディネートで、せっかくのマイホームの魅力が半減してしまう場合も。

家具選びには 「コツ」があり、そのコツさえ押さえておけば、部屋を実際の広さ以上に見せることができたり、センスの良いコーディネートだってバッチリ。

今回ご紹介する家具選びの4つのコツを実践して、ぜひ素敵なマイホームをつくってくださいね。

家具選びの下準備! スペースの寸法は必ず測ろう

家具選びの失敗で多いのが、「置き場のスペースをきちんと把握せずに購入を決めてしまった」というケース。

家具店を訪れた際、そのデザインや機能の良さに一目惚れしてしまうことは少なくありません。しかしこのとき、「このくらいのサイズなら大丈夫」と、感覚だけで購入してしまうのはNG。いくらデザインや機能が気に入っていても、収まりが悪くては見た目が悪くなるだけでなく、ゴミやホコリが溜まる原因にもなるのです。

家具選びの前には、必ずその家具を置こうと思っているスペースの寸法を確認しておくようにしましょう。

家具を入れたときの部屋のイメージを考えよう

よく吟味して家具を選んだはずなのに、実際に置いてみると、なぜか部屋がちぐはぐな印象になってしまった……そんな経験をお持ちの方は、ひとつの家具のデザインやサイズなどにとらわれてしまって、部屋全体のイメージを思い描くことなく家具を買ってしまってはいませんか?

他の家具と比べてひとつだけ突出して高さがあったり、デザインのテイストが違っていると、それだけで部屋の印象がちぐはぐになりがちです。特に家具の高さは、できるだけそろえることをおすすめします。
置いてある家具の高さがバラバラだと、視覚効果によって実際の広さよりも部屋が狭く見えてしまうのです。

家具を選ぶときは、その家具単体の印象だけにとらわれず、実際にそれを部屋に入れた際のイメージを考えながら選ぶようにしましょう。

元々あった家具や壁紙との色の調和を考えよう

今まで使っていた家具をマイホームに持ち込み、いくつか追加で新しい家具を購入する場合は、元々あった家具や、部屋の壁紙との色の調和に注意が必要です。

単体では素敵に見えても、実際に部屋に置くと他の家具との色味が違っていて、部屋全体のコーディネートがちぐはぐになってしまうかも。
また、壁紙の色を考えに入れずに購入してしまうのも危険です。できれば部屋の基調となる元々あった家具を、背景に壁紙が映る状態で写真に撮り、その写真を見ながら新しい家具の色を決めるのがよいでしょう。

生活動線を意識しよう

家具選びのコツとして忘れてはならないのが、「生活動線」を考えながら配置をイメージすること。例えばダイニングテーブルを購入する場合、テーブルの幅だけを見て配置を考えるのはNG。
椅子を引いたとき、近くにある家具にぶつからないか、人が椅子に座っているとき、その後ろに人が通れる幅を確保できるかなど、生活する上での動線を考えておかないと、使い勝手の悪い家になってしまいます。

家具の選択と配置は、必ず「生活動線」を意識しながら行いましょう。

素敵なマイホームをもっと素敵にするか、魅力を半減させるかは、あなたの家具の選び方次第。今回ご紹介した家具選びのコツを参考に、理想のマイホームをコーディネートしましょう!

・物件探しのお役立ちコラム
新着記事一覧
購入するならどんな住宅?住宅購入徹底比較
住宅購入費用のあれこれ
安心できる一戸建てを購入するチェックポイント
生活が豊かになる暮らしのワンポイント
住まい情報発信企業ポーラスグループ 株式会社中央住宅 マインドスクェア事業部
東京・埼玉・千葉の新築一戸建て
|HOME物件検索今週の現場見学会家づくり会社案内オーナーズサポート
入居者様訪問マインドブログモバイルサイトマインドスクェア友の会エリア情報
サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ
新築一戸建てのポラス【POLUS・中央住宅】マインドスクェア
Copyright 2014 Polus Group All Rights Reserved.