ポラスの2×4住宅|組む│ポラス【POLUS・中央住宅】マインドスクェアの新築一戸建て・分譲住宅

新築一戸建て、分譲住宅のマインド スクェア

東京・千葉・埼玉の分譲住宅、新築一戸建てならマインド スクェア

TOPに戻る 検索 イベント情報 家づくり 会社案内 用地募集 ギヤラリー
ポラスの2×4住宅
家が完成するまで
海外視察
責任一貫施工体制
プレカット工場
ポラス暮らし科学研究所
アフターサポート
ポラスのリフォーム
ポラスの2×4住宅
ポラスの2×4 木の家 組む 構造材 支える 耐える 耐火 防ぐ 快適 安らぐ 育む 魅せる
ツーバイフォー工法は、日本での正式名称が「枠組壁工法」。その名の由来は、その基本構造材として「約2インチ×約4インチ」のサイズの木材が主に使用されていることによります。この工法では2インチ×4インチ材を中心に、図で示したツーバイシックス、ツーバイエイトなど合計6種類の規格材が主に使用されます。これは規格の統一による大量生産とコストダウン、現場での様々な汎用性、そしてシンプルな構造システムの実現に大きなメリットがあります。
ツーバイフォーのふるさとは19世紀の北アメリカ。かつてアメリカの開拓者たちは厳しい自然に耐える強い家づくりが必要でした。苛酷な条件の中でこの工法は生まれ、その後、世界中へ普及していきました。日本へ渡ってきたのは明治初めのこと。現在も美しい姿で多くの人を迎えている札幌の時計台や
・現場施工方式……プレカット製材を使用し、現場で枠材に面材を釘打ちし組立てます。
・パネル方式………予め工場において、壁パネルを製造し、現場へ搬入し組立てます。
サイトマップ プライバシーポリシー
ページトップへ